看護師ならではの人間関係の悩み

看護師は他の業種に比べて退職や転職が多いと言われている。退職、転職の理由として結婚、出産、子育てなどの家庭の事情を挙げる人もいるが、人間関係や上司への不満を理由に挙げる人も多い。このように人間関係の悩みが生まれやすいのは、看護の現場という特殊な環境が影響している。

まず、看護師は人の命を預かる仕事のため、一つのミスが患者の死に繋がりかねないのである。命を預かる難しい仕事のため、上司から新人看護師への指導も厳しくなりやすい。そのため、上司や先輩から怒られるのが怖いとストレスを抱える若手看護師も多い。

また、看護の現場が人手不足による過重労働に悩まされているのも原因の一つと言えるだろう。人手不足により残業が増えたり、シフトがきつくなるなど、精神的に余裕がない状況で働くことが増えるのである。これにより、常にピリピリした空気になっている職場も多く、人間関係が悪化する原因となっているのだ。

では、看護師が人間関係の悩みに対処するにはどうすれば良いのだろうか。まず、重要なのは日頃からコミュニケーションを取ることだ。忙しい看護の現場では、上司や先輩からの指示や指導がきつい言葉になりやすい。しかし、日頃からコミュニケーションをしっかり取っていれば、多少きつい言葉をかけられても悪意のある発言かどうかが判断しやすいのである。また、自分自身の発言や行動が相手を不快にさせている可能性もあるので、日頃の言動を振り返ることも重要と言える。看護の現場は人間関係の悩みが生まれやすい職場だが、コミュニケーションを意識して自身の言動を振り返れば、人間関係の改善に繋がるのではないだろうか。